2020/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています




■クリスマスイブ 山下達郎

 

クリスマス・イブ CHRISTMAS EVEは、
1983年12月14日に発売された
山下達郎通算12作目のシングル。

 この曲は多くの方が耳にした事と思います。
東海道新幹線のコマーシャルは特に有名です。
ですので、ついでにCMの動画もアップしておきます。

 
■JR東海 X'mas Express 歴代CM 1988年〜1992年

 どのCMを一番覚えていますか?
私の場合は「牧瀬里穂編」ですね。
夫々に思い出があると思います。

 またもうすぐ耳にする機会もあると思います。
12月の定番曲ですから、あまり説明の必要も無いでしょう!
これも今は亡き「シングルCD」を所持しています。
多分これもパチンコ屋さんで交換したものです。
 
■シングルCD表面と裏面

 完膚なきまでに負けるよりは、こうして残るものに替えたのは偉い!
ギャンブルは怖いです!○○○億円も使い切る人もいますので
皆様も充分ご注意下さい。
私は最近はパチンコにも行っていません。
しかし、お金も貯まっていませんが・・・。

 本人は「作詞・作曲・編曲・ボーカル・コーラス・プロデュース等、
すべてにおいて完璧に出来た曲」と明言している曲である。
ロングヒットの楽曲のため売上が合算で伸びているためでもあるが、
1980年代に発売された楽曲で日本国内における売上が最も多いシングルとなっている。

 歌詞の冒頭のフレーズとメロディはシュガー・ベイブ時代に
原型「雨は夜更け過ぎに」が出来ていたものの、その後がなかなか出来上がらず、
長年暖めていた物と、ベストアルバム『TREASURES』の本人によるライナーノーツで
明らかにしている。

 元々は1983年のアルバム『MELODIES』に収録されたものだが、
同年12月14日に12インチピクチャーレコード(限定盤)としてシングルカットされた。
当時はオリコンシングルチャート最高位44位だったが、
1988年にJR東海の東海道新幹線「ホームタウン・エクスプレス(X'mas編)」
1989年以降はクリスマス・エクスプレスのCMソングのタイアップとなり知名度が拡大。
バブル景気真っただ中で「クリスマスイブは恋人と過ごす」という風潮が
定着してきたこともあり、
1989年12月にオリコンシングルチャート1位を獲得。
オリコンでは30週目ランクインでの1位獲得となった。

 1986年11月28日に7インチシングルとして再発以降、
クリスマスの定番曲として毎年クリスマスの時期が近づくと
チャートで浮上するようになり、
2010年もTOP100入りを記録してTOP100入り連続年数記録を25年に更新した。
歌詞の内容は来るか来ないかわからない彼女を待っている設定で
主人公はかなりネガティブだが、はっきりと失恋と決まったわけではない。

 また間奏はコード進行が似ていたことから思いついた(山下談)という。
パッヘルベルのカノンを取り入れて作られている。
この間奏部分のコーラスは山下本人の声だけで多重録音されており、
完成までに48テイクを要したといわれる。

 アルバム『MELODIES』リリースまでは「RIDE ON TIME」
「SPARKLE」「LOVELAND, ISLAND」の
ヒットで山下達郎=「夏の人」というイメージがついたのを本人が嫌って
「それじゃあ冬の曲を書いてやる」という意気込みで作った。
後にこの楽曲はオフコースに触発されて作ったと
小田和正宛の手紙で明かしている(2001年、TBS『クリスマスの約束』より)。

 この曲について大滝詠一は「名曲は、100年に1度、出るか出ないかのもの。
それがクリスマス・イブ。この曲は100年歌い継がれる」とコメントしていた。

★この曲が起用されたCM
 •JR東海東海道新幹線「ホームタウン・エクスプレス(X'mas編)」(1988年)
 •TBC(1993年 - 2004年)
 •JR東海「クリスマス・エクスプレス 2000」(2000年)
  このCM起用によって数年振りにTOP10入りを記録してリバイバル・ヒット、
  同年に累計出荷枚数が200万枚を突破した。
 •スズキ「シボレー・MW」(2007年、英語バージョンを使用)
 •スズキ「シボレー・MW ハートウォーム プレゼント篇」(2008年)

★収録曲
 1.クリスマス・イブ
 2.作詞・作曲・編曲 : 山下達郎
 3.ホワイト・クリスマス
 4.作詞・作曲 : Irving Berlin、編曲 : 山下達郎
 5.マキシシングル盤収録
 6.クリスマス・イブ(イングリッシュ・バージョン)
 7.英詞 : Alan O'Day、作曲・編曲 : 山下達郎
 8.クリスマス・イブ(オリジナル・カラオケ)

●クリスマス・イブ 山下達郎 の シングル
●収録アルバム MELODIES
●B面 WHITE CHRISTMAS
●リリース 1983年12月14日(限定発売ピクチャー12インチ)
      1986年11月28日(限定発売ホワイト・ビニール7インチ)
      1987年11月28日(限定発売カラー・レーベル7インチ)
      1988年11月10日(シングルCDに移行)
      1989年10月25日(カラーレーベル・シングルCD)
      1990年11月10日(ジャケット・デザイン、レーベル・デザイン変更)
      1992年11月10日(レーベル・デザイン変更)
      1998年11月18日(品番改定)
      2000年11月22日(CDシングルに移行、NEW REMASTER)
      2003年11月12日(2003 NEW REMASTER、
               英語版とカラオケをリミックス)
●規格 12インチEP (1983年)
    EP (1986年〜1987年)
    8cmシングルCD (1988年〜1998年)
    12cmCDシングル (2000年〜)
    CT(1990年)
●録音 CBS/SONY Roppongi Studio
●ジャンル ロック ポップス
●時間 6分43秒(2曲入り) 15分17秒(4曲入り)
●レーベル MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN
●作詞・作曲 作詞 • 作曲:山下達郎(英語版)作詞:ALAN O'DAY、作曲:山下達郎
●プロデュース 山下達郎

★チャート最高順位
 •44位
 •1位(1989年盤)
 •56位(1998年盤)
 •6位(2000年盤)
 •47位(2003年盤)
 上記全てオリコン



★歌詞を見たい方は下記から

 クリスマス・イブ 山下達郎 歌詞情報 - goo 音楽
クリスマス・イブ 山下達郎 歌詞情報 - goo 音 


評価:
山下達郎
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 847
(2003-11-12)


スポンサーサイト


comment









trackback